LINEで送る
Pocket

フィンランドで、3月から結婚における同性同士のカップルと異性同士のカップルの差が解消されました。(関連記事)同国では、以前より同性同士のカップルが利用できる連帯契約制度がありましたが、同性同士の結婚が認められたことにより、養子を迎えることや姓を同じくすることができるようになります。

また、最近、2014年に国会を通過した同性同士の結婚を認める法律に対し、廃止を求める市民からの請願が投票にかけられましたが、フィンランド国会はこれを否決。同性同士の結婚が、フィンランド社会において、今後根付いていくことでしょう。

日本においても、同性同士の婚姻が認められ、同性同士のカップルが安定した社会生活を送るための選択肢が得られる日が早く到来するよう、EMA日本も活動を続けていきます。