EMAからのお知らせ2019.06.03

同性婚を認める法案の国会提出について

今日、同性婚を認める法案が正式に国会(衆議院)に提出されました。歴史的な一歩です。EMA日本はこれを歓迎します。

野党による提案であり、成立は容易ではなさそうですが、少なくとも同性婚が国会でも正式な議案となったことは、多くの人たちに勇気を与えてくれると思います。法案を作成された尾辻かな子衆議院議員をはじめとする関係者の皆様の努力に深く感謝します。


法案は、異性又は同性の当事者間で婚姻が成立する旨を民法に明記し、同性婚ができるようにしています。このように同性婚を認めるための法律改正は、実はシンプルです。また、これまで結婚できないため養子縁組をすることによって法律上の身分関係を築いていた同性カップルを救済するために、法律施行後2年以内に養子縁組から結婚に移行することを可能にする配慮もなされています。

日本において、同性愛者を差別する唯一の法律は、同性婚を認めないことです。ゲイやレズビアンの存在について社会の理解が進む今こそ、法律上の差別は撤廃されるべきです。世界のGDPの6割を占める26カ国はすでに同性婚を認めています。日本が遅れるべきではありません。

法案の提出者は野党3党の国会議員ですが、与党にも同性婚の必要性について理解をいただき、1日も早く法案を成立していただくよう強く希望します。そのためにEMA日本は引き続き努力してまいります。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA